• moonshotの活用

    HPが提供するmoonshotは特定のアプリケーションを稼働させるためのマイクロサーバーです。



    内部構成は小さなCPUの集合体であり、低消費電力が特徴です。

    朝日新聞デジタルの優良サイトならこちらで見つかります。

    現在のインターネットを支えているサーバーは膨大な処理能力を持っていますが、その処理のための発熱は半端ではありません。


    強力な冷却装置を必要としているのです。
    これに対するmoonshotのアプローチは逆方向と言えます。つまり、強力な処理能力はなくてもたくさんのCPUが集まれば所定の機能を発揮できるのです。
    データ処理はすべて並列処理されますから、結果を得るためにかかる時間は変わらないのです。

    一つの筐体に納められたCPUの数は何百となりますが、発熱はごくわずかです。

    専用の冷却装置は必要ないのです。

    自分たちがどのようなサーバーを使用しているかは実際にはわからなくてもインターネットを利用することはできます。ただ、moonshotを使用すれば、それだけ無駄な発熱を押さえられることは間違いありません。
    経済的にも大きなメリットを得ることができるのです。

    現代の半導体技術はこれらのハードウェアを制作するためには十分な品質を持っています。

    したがって、HPだけの特別なサーバーではありません。

    今後は同じようなサーバーが他社からも販売されることになるでしょう。

    まずはmoonshotを使用することで、どのような違いが出てくるかを確認してください。



    それはランニングコストに反映されるでしょう。